祇園みずおか

  • ENGLISH

女将ナビ

もうすぐ梅雨です

こんにちは!女将です。
先日、埼玉のお客様よりうれしいハガキが届いたのですが、あいにく京都は雨。
番地の上に雫が・・・どうしても読めず紫陽花のハガキで返信したかったのに本当にごめんなさい。
6月、雨が似合う季節になりました。
今月の前菜はゴボウの杭に一寸豆の蛙、じゅんさいの池、6月の風景が広がります。
冬瓜で作った牡丹の花の中には車海老。五色あられがかわいい季節のお椀です。
皆様お待ちかねの鱧ですよ。淡路島の鱧です。
5月に女将ナビが遅かったから今月はがんばりました。
鱧が苦手な方はお刺身を鮪や鯛に変えたり、車海老を焼いたりできるので遠慮なくおっしゃって下さい。
来られた皆様が少しでも楽しくお食事できるお手伝いが出来たらと心ではいつも思っているのです。

先程電話に出た大将が無言で固まっていたので何があったのかと電話を変わり、女将もフリーズ。
なんと英語の予約でした。
必死で受けたけど本当に焦りました。
汗だらだら、お願い早く切って!みたいナ。
当日電話でまたも時間変更。私はハッキリ言ってしゃべれない。なんとかわかるくらい、それも怪しい。
ところが、来店されたお客様は先日の香港から来たシェフの友人だそう、とても良い方でブログに挙げるって。
うれしいけど、ホント無理だから!
私の乏しい英語力は翻訳不可だから。日本語だって通じない。隣にいる大将にすら通じない。
昨年もホテルからの紹介の外国人のお友達が口コミできました。
どんだけ日本近いのかしら。
大阪サミット、東京オリンピック、大阪万博、ちょっと不安になりましたが、祇園の女将は逃げるわけにはいかない。
なんとか考えましょう!
まぁ、そんな、こんなしてると毎日、元気で楽しく過ぎそうです。
皆様、心よりご来店お待ちしています。
6月のお休みは6日、12日、21日、27日。
よろしくお願いいたします。
DSC_0468DSC_0467

2019.06.05

ゴールデンウィーク

こんにちは!女将です。
長かった10連休、皆さまはいかがお過ごしになりましたか?
ずっと営業していた私たちは暇ではなかったけれど盛り上がる日もなく花火に例えると線香花火のようなゴールデンウィークでした。
来られた皆様もテレビと随分違って、「人、思ったより少なかったね」って口々に言われてました。
3月から走り通しの私たちは連休明けに春休みを取り、皆で各自リフレッシュ。大将は伊勢神宮に行って伊勢海老を食べたそうです。
私は首を長くして待っている両親のもとへ。すっかり歩けなくなった両親と実家のすぐ傍の「稲佐山」の高台にあるホテルで世界三大夜景を真下に見ながら露天風呂に入りました。小さい頃からずっと登った遠足の地。
ツツジが少し残っていました。
想いでの中学も見えました。もうすぐ廃校になるそうです。女将は放送部でした。フォークソングの時代です。
日ごろをすっかり忘れ、ゆっくりした時間の中、あらためて見つめることのなかった周囲の風景や両親と語らい振り返った時間の数々の思い出。
今、一緒にいる事をかけがえのない幸せと感じた休暇となりました。
今月は鮎の薫り干しや加茂茄子の煮物、小鯛の笹寿司いろいろ美味しいものがあるのですが、頂く予約は先ばかり。皆様連休疲れかしら?
5月28日で丸8年、9年目に入るみずおか。
5月30日で61歳になる女将。
時は刻々と刻まれていくのですよね。
6月第一週の定休日は6日大将病院です。
先のことはわからないから、
今、美味しいもの食べて
今、好きな人と過ごして
今、語らいましょう。
私達はいつでもお待ちしています。

DSC_0441DSC_0447

2019.05.24

駆け足の都をどり

こんにちは!女将です。
27日都をどりが終わりました。
たくさんチケットを求めてくださりありがとうございました。
初めての方も常連の方も「良かったね」「きれいだった」って言って下さり、良い春のひと時を過ごされたようで、
嬉しい限りでした。
祇園みずおかでは今年は感性を磨く研修に取組んでいます。目に耳に心に栄養です。
2月は舞台「夫婦漫才」を見ました。泣けました。
4月は「都をどり」全員いっしょではなかったのですが、皆新しい南座を楽しめました。
6月は落語「五人囃の会」です。あまりに良いお席すぎて行く前から緊張しています。
8月はまだ未定です。
秋から冬は忙しく、これ以上は無理だけど意外に楽しく非日常的な時間というものの良さを感じています。ワクワクです。
4月もあと少し、焼きタケノコ、生ホタル、わらび餅。生ホタルは入荷のない日もございます。
又々、写真を撮る間もなく5月です。
27日からのゴールデンウィークは予想通りゆったりですが、懐かしいお顔に会えるのもこの時期のサプライズ的なお楽しみ。
毎日、エキサイティングな女将です。
5月のメニューは皆さんの大好きな出汁につけた「鮎の薫り干し」が出てきます。
食材でいうと加茂茄子や鮎、前半は節句にちなんで、中間はお漬物に水ナスも登場、後半は天然ものの鮎の特別注文が入ります。
初夏に向かってGOです。
勝手ながら連休明けの7日から10日までお休みをいただきます。10日の日は仕込みの日なので電気はついていますが11日からの営業で
お願いいたします。3月、4月と頑張ったスタッフたちのリフレッシュ休暇です。
女将はちょっと両親の顔を見てきます。
もどりましたら、祇園祭りまで、又一直線かなぁ。
6月のご予約はいただきますが、皆さま5月も忘れないでくださいね。
祇園みずおかは5月28日で丸8年、9年目を迎えます。
ぜひぜひ、新緑の京都へお越しください。
お待ちしています。

2019.04.29

お待たせしました!

こんにちは、女将です。
京都は花冷えにカメラを持つ手も震えているようです。
今年の桜は幾分遅く、皆様ため息混じりに言われます。桜は本当に難しい。
女将は新橋の空いっぱいの桜を見上げるのが大好きです。固いつぼみがふくらんで空に桜が広がります。
どんなに寒い冬の後にも、ちゃんとこの日が来るのですよ。疑うわけじゃないけど、不安なわけじゃないけど、この光景を目にすると、
やっぱりうれしさがあふれてきます。頑張ろうと思います。
お料理は、生ホタルイカの沖漬け、炊いて、蒸して、焼いて、手間暇かけた焼たけのこ、女性の大好きな、芋、タコ、南瓜炊き合わせ、とろとろのわらび餅。
春でなくてなんでしょう。
4月はお祝いの席や、踊りの前後のお食事をいただいて頑張って営業しているのですが、9日(火)はお引越しのためお休みいただきます。
台風や猛暑に備え、小さなお部屋を4月1日から借りているのですが、いまだ利用できずにいます。これで、随分大将も楽になると期待しています。
年に負けるな!です。
来月で丸8年、なかなかこんなお店ないよなぁって、ずっとここにあってほしいなぁって言われたい。そんなことを真剣に思う今日この頃の女将です。
5月の連休、営業していますが予約は全然です。
皆様どこに行くんでしょうね。
連休が終わってひと息ついた6月初め頃、女将は長崎に帰るので連休は頑張って働きます。
皆様祇園に来てください。
お休みは不定休なので確認のほど、よろしくお願いいたします。
スタッフ一同皆様にお会いできる日を心よりお待ちしています。

2019.04.04

3がつの定休日のお知らせ

こんにちは、女将です。
3月のお休みが決まりました。
いただいた御予約の兼ね合いで、こうなりました。
3月4日(月)11日(月)20日(水)27日(水)です。
よろしくお願いいたします。
早いです。春です。都をどりも来月です。
皆様、新しくなった南座に行きましょう。
一等席5500円、お茶席ないけど芸舞妓さんの写真帳もらえます。
みずおかでお食事していくのもよし!見終わってお食事しながらお話するのも良し!

焼きタケノコ、わらびもち、都をどりとともに楽しみましょう。
時間のないランチには車海老ぷりぷりの早籠弁当(3780円)はいかがですか?
3月は春のはじまり、今月はうすい豆のお味噌で頂く桜サーモン、ホヤのこのわたの羽二重小茶碗が好評。
デザートはみずおか名物とろとろわらびもちの登場です。
のれそれ何それ、春爛漫。
3月の南座は玉三郎さん。相変わらずの人気でお食事の会話も花が咲いててお帰りなさい南座~って感じ!
長かったなぁ。土・日・祝日営業しているので南座観劇前後のお食事は祇園みずおかをよろしくお願いいたします。

今年はちょっとアピールする女将です。
スタッフ一同いつでも皆様との御縁をお待ちしています。

2019.03.03

みずおかの暖簾

こんにちは、女将です。
大変です!みずおかの暖簾がボロボロ。
気が付いて注文したけれど、2月の半ばくらいに出来上がるそうです。
日々、ボロボロが目立ってきました。心なしか予約帖も真っ白…泣きそう。
本当に私の不徳の致すとこ。
昨年すっごく頑張ってくれたお店に心から申し訳ない想いでいっぱいです。
このゆとりのある機会に今年の目標でもある色々な見直し、整理をし、知らない間に澱みってあるかもしれないからきれいな風通しを、
店も家も自分自身も出来たらいいな。いや、しよう!
そう誓った女将です。わくわくしてきました。片づけは大変だけどスペースを空けると新しいものが入ってくるというじゃないですか。
楽しみです。

今日は風が強い日で、飛ばされたポスターを止めていたら、ここだ!って外国人のカップルがいらっしゃいました。
お久しぶりですって言った彼女は4度目だそうです。髪型の変化でわからなかったのですが、話している間に思い出しました。
お元気そうね!相変わらずね! ??? 彼女は今、日本語勉強中です。
本やドラマの日本語は大丈夫だけど、居酒屋のカタカナメニューはわからないって!
「ナルト」って漫画が大好きですって!
日本の女の子はお化粧が上手って!
まぁ、楽しい再会でした。

先日は5年ぶりの男性と7か月振りの男性が来てくれました。寒い日のリピーターのお客様はホッカイロより暖かいですね。

祇園からずっと可愛がってくれていて、趣味がカメラをしてる方が2月のポスターを撮ってくれました。
おまかせのメニューもウィンターのメニューも、出来た!

皆様、ご予約よろしくお願いいたします。
又、京都に急にきたらお電話ください。スタッフ一同お待ちしております。
P1000007

2019.01.26

ウィンター

女将です。おせち、お正月、冬休みまだまだあるよの1月です。
一年で一番長く感じますが、今年の女将は違います。足の調子もよいので、三味線のお稽古頑張ってます。

明日は、2月のメニューを立体化します。「ウィンターの祭典」という特別プラン考えました。
お昼、夜OK、このプランのみクレジットカードお昼も使えます。
大将にお願いした可愛い八寸。
てっさと、小鍋は皆さんの大好きな湯葉と白菜と九条ねぎ
上身のふぐの天ぷらに、ひと口和牛寿司、煮物、水菓子はフルーツの生ゼリーです。
税・サ込みの12000円です。
もっとフグを堪能したい方に白子、から揚げ、ヒレ酒等の単品メニューも用意しました。

おまかせ(10800円)はお造りが車海老の湯葉巻き、穴子の天ぷら、あわ麩の田楽等また違う楽しいコースになってます。

お休みは不定休で、平日の予約の合間に入れていきたいと思います。

ご予約お願いいたします。

2019.01.21

年末年始のお知らせ

こんにちは!女将です。
アッという間の年末です。今、みずおかはおせち作りに追われています。小さなお店なので、たくさん作ることが出来なくてごめんなさい。
みずおかのおせちは縁あってなぜか阪急百貨店さんだけなので、お客様は兵庫と大阪の方がほとんどです。
でも、こんな広いおせち業界の中で、毎年うちのおせちを購入してくださる方がいる。本当に感謝です。
毎年喜んでいただけるよう、改良しています。今年の湯葉巻きは美味しく仕上がったらしいので私も楽しみです。人気の一品、食べやすい一品、やっぱり外せない一品、4人の調理師さんが手伝ってくれます。滋賀の元のお店に取りに来てくれるお客様、京都の祇園のお店に取りに来てくれるお客様、お待たせしました。
今年も一生懸命をお届けします。祇園みずおかは年内31日の夜から営業、この日は例年満席。新年1日のお昼から6日まで休まず営業致します。
1月は思いのほかのんびりなので、京都にお越しの際には皆様寄ってください。予約がなくてもいっぱいになる事もあるので、来られる前にお電話いただけたら幸いです。
7日から10日まで冬休み。12日から早籠弁当再開です。
1日から6日までは京都のお正月らしい「八寸、白みそのお雑煮、ブリ照り、煮物」
お昼の営業時間は11:30~14:30まで入っていただけます。
静かに営業している華やかではないお店ですが、ホッコリするお店だと自負しております。
新年早々、新しい暖簾を作りたいと思います。一期一会の文字を入れて。

折り返しの祇園みずおか。心を引き締め、感謝を忘れず、初心の戻って頑張ります。今年もたくさんのお客様に本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

2018.12.30

一年を振り返って

今、大将が蕪を漬けています。仕事の写真を動画にしようと思いつつ、一枚の写真も撮らないまま、12月がはじまりました。
こんにちは女将です。
まず最初に営業のお知らせです。
12月のお休みは4日(火)、12日(水)、19日(水)、26日(水)で御節作りの為、27日~31日のお昼も閉めて、31日の夜から営業です。
年始の予定は1月までにお知らせいたします。

女将の忘年会の期間は、13日(木)~18日(火)の間でご予約下さい。他のお客様もいらっしゃるのでお早めに申し込んでくださいね。
お約束は、全員来店された方のみです。

12月のお料理は雲子の茶碗蒸し、大将秘伝の味噌の朴葉焼きや蟹身を入れて揚げた海老芋饅頭等々です。

クリスマスのワインはフランス直輸入を用意しました。シャンパンはハーフもあります。クリスマスに人気の伊勢海老はスペシャルオーダーになります。
お気軽にご用命ください。(前日までは予約可)

女将は今、新年の御縁玉を作りながら言葉を探しています。
今年を振り返って本当にいろいろありました。京都は火事やら、猛暑、台風。
女将は車イスに腎結石に肋骨骨折、なんてことでしょう!と思ったけど、大将は元気!板前君も1年育ち、
何より素敵な人との出会いに支えられ、祇園みずおかパワーアップした年でした。
皆様に本当に感謝いたします。
今年も3年前に来たよ!とか7年前だから覚えてないでしょって・・・お客様に会えました。
昔の滋賀のお客様にも会えたり、外国のお客様がお友達を紹介してくれたり、たくさんのうれしい!がありました。
こんな時、続ける喜びを感じる私達です。

祇園にはたくさんのお店があります。それぞれに特色があるけれど、お客様の希望がピタリと合って、京都をより好きになってくれると嬉しいですね。
口コミ等で当店を選んでいただくお客様のギャップが少ないように私なりに当店の紹介をしたいと思います。
当店は勢い、華やか、パフォーマンスという言葉はあてはまりません。
でも、昔からの季節の旬の食材を丁寧に仕込み、シンプルに提供する、普通・真面目・地味と評されがちかもしれません
が、身体にも人にも優しい小さなお店です。
肩肘を張らずに京都の祇園でのお食事を楽しんでいただきたいとスタッフ一同願っております。
よろしくお願いいたします。

女将

2018.12.03

紅葉

こんにちは、女将です。
10月、柿の宝楽焼きでした。
今月は、鰆の焼き物と万願寺のキャラ煮なのですが、10月にこれなかった方で柿の宝楽焼きを召し上がりたい方はチェンジできます。
秋風にかぶら蒸しが美味しいです。
女将も還暦になったので不定休ながら、お休みを週一回とっていこうと思います。
長く元気で皆様とご一緒するため、ご理解よろしくお願いします。

11月のお休みは、8日(木) 14日(木) 20日(火) 29日(木) です。

今は三千院の紅葉がきれいだそうです。
南座復活でやっぱりうれしいです。
御練りは仕事中でとうとう見ることが出来なかったけれど、4月の南座の都をどりは絶対見に行きます。
皆様もいかがですか?
お茶席はなく、チケットは5500円です。
日本文化の応援で皆様是非足を運んでください。

今月は先月いらした外国人のカップルで柿の宝楽焼きを食べてその月の英語のメニューを書いてくれた方が、帰国してご友人を紹介して下さったようです。
英語を喋れない私たちなのに感動しました。 
Thank you very much と書いた私の名刺は彼女たちの元に届くようです。
ありがたいと心から感じる女将でした。
DSC_0318DSC_0317

2018.11.04

最新記事

月別記事

お問い合わせ・ご予約は

祇園みずおか

京都・祇園の京料理は花見小路の祇園みずおか

075-551-2305

京都市東山区祇園町南側570-119

075-551-2305