祇園みずおか

  • ENGLISH

女将ナビ

青天の霹靂

こんにちは!女将です。
6月6日の日曜お昼の祇園西花見小路です。
人が全く歩いていません。
ある有名サイトに「祇園みずおか」閉店。と記され、びっくりしたお客様から電話がかかってきて、私たちもびっくり、無事訂正されましたが、
青天の霹靂、びっくりニュースでした。それもあって、まだまだ、緊急事態宣言は続きますが、1日から開店しています。
少量の仕込みですが、風を入れて、少なくとも人が動くと新鮮な空気が漂って気持ちがよいです。

やっとやっと、パンフレットもできました。
今の一番人気は、しぐれ煮、ちりめん山椒セットがダントツです。
大将のこだわりのしぐれ煮は贅沢な一品ですが、お酒のおつまみ、おにぎりの具、お茶漬け、幅広い年齢層にすぐ召し上がってもらえるかもと
パンフレットが出来上がってホッとしてる女将です。注文下さった皆様のおかげです。ありがとうございました。
第一弾、10日炊き上げ11日発送、12日着、準備OK待っててください。

1カ月休んでいると時が止まったようでした。
金縛りにあったように、足がお店から遠のきます。お家はきれいになるけど心がごちゃごちゃ片付きません。
お店に出るようになると、不思議と体重は減りませんが、足取りも心も軽くなりました。
毎日一件ずつですが予約も入り始めました。
今宵の友の注文もいただいてお仕事ができました。
皆様、感謝です。
11年目、ゆっくり歩きはじめます。
DSC_1069DSC_1070

DSC_1073DSC_1068

2021.06.06

始動!

こんにちは!女将です。
6月に入りました。まだお酒も出せないのですが、とうとう辛抱できない大将、1日から再開です。
始めどころがわからず、金縛りにあったような私たちの背中を押すように、1日の予約をくださったお客様に感謝です。
家にいると3日に一度自転車に乗ってお買い物した日でも1000歩余り。
お店にいると、くるくるお掃除上へ下へ1万歩前後動く動く。お仕事はやっぱしなきゃです。
でも、1カ月のお休みは後ろ髪引かれることなく、お家さっぱり片付いて、女将は世間一般通り間違いなしです。
それなら、これ以上家にいたら園芸かDIYにでも目覚めたかもしれません。
すっかり暑くなった祇園に人の気配はまだまだ少なく、祇園祭りがまぼろしのようです。
又々、お昼は服で、着物はこちらで着替える季節になりましたが、年々早く感じられるのは気のせいでしょうか。
20日まで不定休でボチボチ始めます。良かったらご予約下さい。
ワクチンを打ち始めた周囲の声に、いつかは明ける日を願います。
クーラーもふすまもきれいになりました。
自宅の不用品も片付きました。これで後は新しい風、新しい物を受け入れるだけです。
今宵のお供、6月いっぱい各週金曜発送します。
ご希望の方は指定日と指定時間を記入し、FAXお願いいたします。
前回の味噌漬けと違い、おかずにはなりません。
良い材料に拘っているので仕方ないのですが、贅沢な一品になっております。ご了承くださる方の注文のみでお願いいたします。
皆様の御心は大将ともども十分に感じています。
コロナ後再開できる日まで頑張りますので、又お会いしましょう。
IMG00015_HDRIMG00016_HDR

2021.06.01

最新記事

月別記事

お問い合わせ・ご予約は

祇園みずおか

京都・祇園の京料理は花見小路の祇園みずおか

075-551-2305

京都市東山区祇園町南側570-119

075-551-2305