祇園みずおか

  • ENGLISH

女将ナビ

ウィンタースペシャル

こんにちは、女将です。長~い1月がやっと明けました。
2018年の節分は2月3日(土)です。2018年の恵方は南南東になります。
節分祭2018は京都の初春の風物詩で毎年立春の前日・前々日に行われ、厄除け祈願します。
今年は2月2日。3日の9時から行われます。各地で開催されてますが、八坂さんにもきてください。
花街のお化けは芸・舞妓さんが趣向を凝らせた仮装を楽しみます。
御座敷を恥ずかしそうにちょこまかと移動するお化けに出会ったらその年は幸せになるそうです。
立春から新年と言われ、節分は大みそかに当たると言われていますが、本当に今年は良い年であってほしいです。
先日長崎の甥っ子から結婚したい!って電話がありました。春一番良い予感です。
マラソンは2月18日
今月はウィンタースペシャル月間
京都マラソンと共に走り抜きたい2月です。
ウィンタースペシャル 祇園みずおかの目玉は和歌山のてっさ。
今年はかるかん蒸しやスペシャル麺も用意してお待ちしています。
ひれ酒、白子は別注文ですがお好きな方はよろしくお願いします。
やっぱり4人っていいな。
お仕事も楽なんだけど何より楽しい。
タツヤ君も24歳なんで祇園みずおかの末っ子。2か月経ちました。すっかりうちの子です。
美味しいまかないも作ってくれます。
寒い寒い冬。お花を愛でながら小さな幸せを感じながら4人で、あったか~く
皆様のお越しをお待ちしています。
女将

2018.02.01

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。皆様良い年明けとなりましたか?
戌年の今年、女将は年女、昨年の12月に新メンバーの24歳タツヤ君を迎え、元気を取り戻して
頑張りたいと思います。
今年はなぜかバタバタと十日えびすまで来てしまい、新年のご挨拶が遅れてごめんなさい。
今、まさに屋台がずらりと並んで、笹を手に皆様冷たい雨の中来られています。
今年の屋台はいつもと違い、新しい屋台が目立ちます。海老のガーリック焼、シシカバブ
わらびもち、去年からのクロワッサンたい焼き、昔ながらの林檎あめ、なんて魅力的なニオイでしょう。
ウキウキしますね。十日えびすはお店は暇なので、通常この時期に冬休みなのですが、今年は少しずらして
14日~18日となります。長崎の母に会いたいので少し贅沢に5日間お休みいただきます。
帰ったら元気100倍充電して待ってます。1月中は白味噌あります。ブリも美味しいです。
2月はウィンタースペシャルです。
予約よろしくお願いします。4月の都をどりのご予約はお早めにお願いいたします。

2018.01.10

ご無沙汰しました

お久しぶりの女将です。
今年はたくさんご迷惑かけて本当にごめんなさい。
来年、年女になる女将、きっと良い年にしてみせます。
よろしくお願いいたします。
気が付けば師走。
皆様に12月のお料理も紹介できないまま、もう8日になってしまいました。
今月は、焼物に銀だらの味噌幽庵、蒸し物はえびいも饅頭。
赤なまこや雲子の茶碗蒸し等、皆様どうかなと思いきや、なかなか喜ばれています。
お店の12月のお休みは水曜日、13日、20日、26日~31日の午前中です。
いよいよ御節作りです。
今年のおせちは1段2人前3万円が人気で、阪急デパートでも早々と売り切れました。
うちのおせちを食べたいと言って下さる東京や岐阜のお客様、1日より営業しています。是非いらして下さい。
美味しい白味噌をご用意しておきます。
常連の皆様、お待たせしました。
恒例の、「女将と一緒に忘年会」は
12月21日(木)、22日(金)に決定しました。よろしくお願いします。
12月23日~25日はクリスマス。普段はありませんが、グラスワイン、ボトルワインを特別提供いたします。
個室でのクリスマスコースは限定2組、1階と2階
2名様で4万円税込
フランス直送のフルボトルワインより選んでいただき、残ったらお持ち帰りしていただきます。
小さな和食のお店で静かに大人のクリスマスをお楽しみください。

9月にカズさん退職して、私達はとても寂しくなりましたが、今月縁があって、新しいスタッフ。
タツヤ君が来てくれました。これから、又、楽しくなりそうです。

2017.12.08

秋到来

こんにちは、女将です。
ようやく秋の到来ですね。
1日から女将は音楽に触れました。
ご縁があって、女優生活50周年の吉沢京子さんのライブに行ったのですが、美しいピアノの響きと吉沢さんの
愛らしい歌声に自然と涙が出たのです。
こんな感情がまだ自分の中に残っていたことにびっくりしました。
21日から花見小路の「小西ギャラリー」で元永紅子さんのジュエリーアート作品を楽しみたいと思います。
本屋さんに久々に行くと待ち構えてたように秋の京都本が所せましと置いてます。
女将の知ってるお店がたくさん載っていました。
残念なことにみずおかは載っていません。
大将の方針?
でも地図にも載ってないのには笑えます。
そこで、女将は20年前の1枚の絵を思い出しました。
思いっきり飛んじゃう話ですが、文化の秋繋がりということでお許しください。
みずおかのカウンターの後ろに琵琶湖の四季を描いた大きな箔画が掛けてあります。
偶然通りかかった三条寺町のギャラリーで個展をひらいていた先生にお願いして、滋賀県の瀬田のお店の開店記念に
作っていただいたものです。とても評判が良く、気に入ってる作品です。
その時、その個展の中に忘れられない1枚の箔画がありました。先生のお弟子さんの作品でした。
「すずめのお宿」と題された箔画は、竹藪の中にすずめを描いた作品でした。
詳しく覚えているはずもないのですが、ぼんやりとしたシチュエーションと、その題名がずっとお店の箔画と共に
心から消えないのです。欲しいと言いそびれ、買えなかった絵です。
外国人観光客に通りを占拠される中、同じお客様が続けて3か月も入れない満席の日もあれば、取り残されたような
入り口を隠されたような、そんな日もあり、でも時折迷い込むように縁のある新しいお客様が入ってくる・・・
本当に、まるですずめのお宿のようです。
あの絵にもう一度会いたいと寺町を通るたびにそう切に願っている女将です。
秋はやはり、文化に親しみ美味しいものを食べ、良いエネルギーを充電したいものです。
今月はみずおか名物「柿の宝楽焼き」です。
蒸し物は白身魚とホクホクの栗の丹波蒸しです。
デザートはかぼちゃプリンかフルーツ
単品で土瓶蒸し(松茸は岩手産)や煎り銀杏、出汁巻き玉子もあります。
料理の写真をとろうと、インスタ練習してるけれど、まだまだ難しいです。
秋の美味しい御料理と共にお待ちしております。

20171006151700002017100615160000

2017.10.06

祇園のみずおか頑張ります

こんにちは、女将です。
30度超えの毎日、明日から9月とは信じがたいですね。
でも時折吹いてくる風が心地よいです。
最近とてもうれしいことがありました。
同じ苗字の「みずおか」さんが予約してきてくださいました。
私達は結婚と同時に母の名字を夫婦養子という形で継いだのです。
「水岡」の名字を残したかったのでしょう。それほど少ないので少し寂しく感じていました。
何気なくつけたお店の名前に同じ苗字の方が全国から会いに来てくれるとは思いもよりませんでした。
まるで親戚のような心強い応援団を得た気分です。
大分の水岡さん、福岡の水岡さん、感謝です。
9月御料理次回です。

女将。

2017.08.31

映画 本能寺ホテル

こんにちは、女将です。
お盆を過ぎてもこんなに暑かったかしら。
梅雨でもないのに、この雨って何なのかしら。
日々、刺激的な毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか。
アメリカから来られる飛行機の中で見た映画に綾瀬はるかと、みずおかの看板が映ってたとの
吉報に、大将はツタヤ通い、やっとレンタルできて2人で息をのんで見守る中数秒看板らしきものが・・・感激!
うるうるでした。でも、これは知っている人にしかわからない道の石垣のようなものです。
何はともあれ映画出演。
お客様はまっすぐみずおかに飛んできてくれたので感謝感謝です。

2017081819340001
映画のシーンはお昼です。

2017.08.18

心は元気

こんにちは、女将です!
念願のバンクリに行ってきました。(京都近代美術館8月6日まで)
美しい宝石の数々、女将もキラッキラ輝けそうな気がしました。
ニコニコ写真撮影ですが、よく見ると左手ガンダムです。少し痩せたのに転がってしまいました。
全治1か月のヒビ・・・足も治ってないのに・・・
でも、心は元気。
7月はおかげ様で賑やかに頑張れました。皆様ありがとうございました。
8月の前菜も楽しいです。美味しいです。面白いです。
8月はまだ静かな感じなので、皆様是非来てください。
お盆も営業しております。
祇園は、お盆になるとお茶屋さんもお休みで舞妓さん達も帰省するので閉まっているお店も多いのですが、
遠くから休暇を利用して、ご先祖様のお参りに来られる方も多く、お店は静かながら毎年良いご縁を
いただけるので、今年の出会いを楽しみにお待ちしております。
人生山あり谷あり、今年は罰ゲームのような女将ですが、この先どんな幸運が待っているかと思うと、ドキドキ
します。だって、8年前の大病の後が「祇園」でしたから。ちょっと怖い!
まぁポジティブポジティブなるようになるでしょ!
相変わらず8月不定休なので、来られる当日でも確認よろしくお願いいたします。
今話題のドラマ「過保護のカホコ」、女将の名前は加穂子
一躍有名な名前になったけど複雑( ^ω^)・・・
20170805221200002017080714090000201708071332000020170807121800002017080712330000

2017.08.07

祇園さん

こんにちは、女将です。
7月に入って梅雨のように雨が降ったり止んだりです。
いよいよ祇園祭りも幕が開けました。
7月の前菜は、夏をテーマに楽しく考えました。
冬瓜のうちわ、黒豆のホタル、お約束のスイカは何でできてるのでしょう、種はゴマです。
今月は旬の穴子を使ってみました。
琥珀の一品はキャビアです。
変わった穴子寿司のオーダーをいただいて、アーモンドのロール寿司をおつくりしました。
絶賛いただきました。
皆様、是非祇園囃子を聴きに京都にいらしてくださいね。
2017070316450000
20170703164300002017070316420000

2017.07.06

6周年

今日5月28日祇園みずおかは丸6年を迎えました。
昨日のことのように色々なことが思い出されます。
1周年、無我夢中でどこをどう歩いてきたのか分からないまま進んでました。
石の上にも3年というけれどまだまだやわーって3周年、金平糖を配りました。
5周年。相変わらず変わらない気もするけれど肩の力が幾分抜けたのか身体が楽に感じました。
そして6周年、感じることは細く長く・・・
昨年から少し体調を崩した私達は、健康というハードルを目の前にしました。
そして、もしかしたらこれが一番、大きな障害かもと思いました。
失敗しても、何度でもやり直せるけど、失うとなかなか回復できないのが信用と健康です。
誰かが昔言いました。一番楽なのはお金の苦労ですって!
5月30日、女将は59才になります。
何か微妙でしょ。繊細な年ごろなんです。
1月の末に歩けなくなって、車イスに乗ったときはまだ余裕、春には治るとびっこひいてても痛くても、
前に進んでると信じていました。5月になって歩けてはいるけど帰りタクシーで帰る毎日、夜中に痛みで起きる毎日。
心が折れて、私の頑張りもここまでかなって・・・さすがのケセラセラの女将も心折れるんですよ。
ところがやっぱり特効薬はお客様です。
5月の連休から金平糖を配ったときのお客様がご本人だったり、ご家族だったり、紹介して下さる方だったり、
来て下さるんです。本当にびっくりしました。
すっごいうれしくて、やっぱり続けたいと強く思うんです。だから、又治す努力します。
お茶屋のお母さんが、メンソールの入った香りの良い石鹸をくださいました。
暑い日はスッとしますえって!
元気のない私を励ましてくれているのです。
京女は優しさもさりげないんですよ。

7年目頑張ります!
2017052818450000

2017.05.28

5月のお料理

こんにちは、女将です。
五月の空に一力さんでも鯉のぼりが泳いでいました。
みずおかでは兜を飾る暇もなく、飛ぶようにゴールデンウィークが過ぎ去りました。
今年は例年よりも忙しく、「急に京都に来たんだ」って言う方も多かったです。
お昼から懐石が沢山出て、予約以外の方のお刺身がなくなり、まだ早い時間なのに店じまいで帰った日もありました。
最終日には自慢の京都のお肉もなくなりました。
充実したゴールデンウィークだったのですが、一転終わると静か~~~。
予約は6月の電話ばかり。
まだ5月あるんですけど・・・。なので少し5月の料理のお写真載せちゃいました。
美味しいんです。私のカメラの腕前で伝わるかなぁ。
お刺身は入荷次第で変わります。ご了承ください。
女将の足もやっと回復の兆しが見えてきました。
後半は「発信」をテーマに頑張っていきます。
ゴールデンウィークの時とてもうれしい出来事がありました。
みずおかのおせちは阪急さんにお世話になっております。
でも、阪急さんは京都からなくなって注文をいただいても直接コンタクトはとれず、一生懸命作っているのですが、
お客様の顔が見えづらいのです。
一組のお客様が、「見つけた!」って入ってきてくださいました。
その日、ずっと2席空きがあったのですが、来られる方3名様ばかりで、まるでお客様を待ってたかのように
座っていただきました。
うちのおせちを初めて頼んで、全部食べれたので、今年も買いたいとおっしゃっていただきました。
そちらの地域には1個しかないから、急いで注文しますねってすっごいうれしかったです。。
おせち作りは大変ですが、今年も頑張れるなって思いました。
201705132044000020170506232900002017050623300000

2017.05.13

最新記事

月別記事

お問い合わせ・ご予約は

祇園みずおか

京都・祇園の京料理は花見小路の祇園みずおか

075-551-2305

京都市東山区祇園町南側570-119

075-551-2305