祇園みずおか

  • ENGLISH

女将ナビ

節分を前に

こんにちは!女将です。
えべっさんが過ぎ、瀬田の御菓子処みずおかの1周年イベントも無事開催され、白味噌も残すところ後2日。
長い1月が終わろうとしています。
いよいよ新年2月が見えてきました。
2月 3日     八坂の豆まき 
2月 3日 4日  祇園のお化け  もし道端でお化けに出会えたら、幸せな1年になるそうです。
2月    4日  ひょっとこ踊り 夜20時くらいに笛の音とともにたくさんのひょっとこ達が花見小路を踊り歩く愉快な光景が見られます。
お食事途中で皆さん携帯片手に見に行かれます。
2月 19日    京都マラソン
楽しみな2月です。 ここ、かしこのレストランでウィンタースペシャルやっている京都ですが、みずおかも独自にフグのスペシャルメニューを用意しています。
てっさに、から揚げ、食事はなんと蒸し寿司!
お昼もウィンターフグメニュー12100円(税込み)は召し上がれます。
白子(3850円税込み)ヒレ酒(1650円税込み)は単品です。
通常の姫(6050円税込み)殿(9680円税込み)はフグはないけどお楽しみメニューとなっています。
昨年の値上げよりお昼もカードが利用できます。ポイントマイル貯めていただけて女将もホッとしています。
2月は恒例、みずおか人気のお稲荷さん5個(650円税込み)の販売もしています。
他にも、どら焼き(270円税込み)じゃこ(40g1080円、90g2160円税込み)、香り味噌(1080円税込み)
大将一人なので予約の時に注文は電話かFAXでお願いいたします。
今年の女将の初夢はスリムに戻った夢でした。
ちょっと運動して軽くなる決意をしています。
昔の時計を引っ張り出し、ベルトを替えて時を大切にしようと身に着けました。なんか心うきうきしてきます。
春が待ち遠しい女将です。
IMG_1558

2023.01.30

新春のスタート

明けましておめでとうございます。女将です。
年末年始、皆様のおかげでうれしく楽しくがんばることができました。本当にありがとうございました。
お店のお正月はコロナ以前に戻ったようににぎやかで白味噌はどちらの県のお客様も美味しいと言ってくださいました。イチローのウイスキーやにごり酒に白ワインお酒もすすみ、久々の楽しめるお正月でした。えべっさんになると、まるで夢から冷めたように静かです。
あまりの静けさに来年のえべっさんは大将と場所を間借りしてみずおかのお稲荷さんとどら焼きを売りたいなぁなんて考えるほどです。
2月のお料理はみずおか独自のウィンタースペシャルでおまかせは特別にふぐを使っています。
この機会に是非人気のふぐを味わってください。
又、2月は、例年同様京のおいなりさん5個650円を店内にて販売いたします。柚子を効かせた京いなりを夕食、お土産に、是非よろしくお願いします。どら焼きも1個(270円)から販売してます。
可愛い巾着5個入り(1350円税込み)はおもたせに人気です。通常は5個から10個しか持ってきてませんが、箱10個入りや巾着はご連絡いただければ、朝お持ちします。

息子の滋賀のお店もなんとか1年になりました。
今月21日(土)に一周年イベントを開きます。
いろいろあって、昨年のオープンひっそりと開けたお店ですが、たくさんの方に支えられ無事一年を迎えられることを喜び、祇園つる居の舞妓さん紗友美さんを呼んで、一周年に花を添えたいと思いました。
この日は12時半オープンで喫茶なし販売のみ。舞妓さんは12時45分から15時までいます。お買い上げいただいた方は写真撮影OKです。彼女も又、コロナの時期にデビューし、一番華やかな良い時期に髪も結えずお稽古もできない冬の時期を乗り越えました。
見るとはなしに見ていたら、そんな中でも笑顔で挨拶してくれる彼女が花を育てていました。
おままごとのようなジョウロで水やりしていた花がちゃんと育って咲いたのを見て、彼女の姿勢を応援してあげたくなりました。
4月、都をどりは念願の歌舞練場。少しお高くなったお茶兼付き席料ですが、皆様応援してください。
雪の中から顔を出してる雪割草のような舞妓達を育ててあげてほしいです。チケット予約承ります。
おひとりさまでもお気軽にいらしてください。お食事の予約もいただけたらうれしいです。
4月は京たけのこや山菜を使っています。今年もよろしくお願いいたします。

2023.01.15

最新記事

月別記事

お問い合わせ・ご予約は

祇園みずおか

京都・祇園の京料理は花見小路の祇園みずおか

075-551-2305

京都市東山区祇園町南側570-119

075-551-2305